郷土芸能備中神楽 “神楽衣装お針子衆” 初顔合わせ

本日は 神楽衣装 のために一緒にお針子さんをしてくださる方々、そして皆と楽しく活動してくださる和裁の達人 由利子さん(先生と呼ばれるのは嫌いらしい^^)との初顔合わせでした。集まってくださった方は、6名^^ それぞれが多様多彩な方々で、由利子さんが能力&魅力を引き出してくださるのが本当に楽しみです。
本当にありがとうございます!
和気藹々と、役割分担して、皆で一緒に感動を分かち合いたいです。
2019年度 福武教育文化活動助成事業です。感謝致します。

2019年8月4日 神楽の里プロジェクト~神楽衣装お針子衆
「猿田彦」という神の神楽衣装・袴の型紙スケッチ

【募集概要】 土地に息づいてきた伝統芸能は、多くの関係者、地域の人々に支えられてきたものでした。国指定重要無形民俗文化財である岡山備中神楽も、舞い手の動きを美しくする衣装は多くの神楽太夫や職人芸によって支えられてきました。備中神楽は口伝や手ぶりで教わるように、衣装もまた、はっきりとした型はありません。次世代に現在の神楽衣装のカタチや意味合いを引き継いでもらうためにも、今の神楽衣装を記録し、衣装を一緒に手伝ってくださる“神楽衣装お針子衆”を募集。
和装歴30年以上、和の道一筋の近藤由利子さんご指導のもと、数名で開催。(初年度は若干名募集)

地域の伝統や文化を一緒に繋いでいく意義ある活動。

将来ご自身が手掛けた衣装を着る舞い手と喜びや絆をわかちあう活動。 和装歴30年以上、和の道一筋の近藤由利子さんご指導のもと、数名で開催。(初年度は若干名募集)

お問い合わせ・申込先

備中神楽 総社社中

担当:今野 友紀

電話:080-1241-8193

E-mail:aquascorpio.yuki@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です