カテゴリ:インターンシップ

「就実大学経営学部 長期インターンシップ」を終えて

2016.04.14

「就実大学経営学部 長期インターンシップ」を終えて
(グローカル報告会に参加)

インターンシップ1 インターンシップ2

研修生の脇本千愛さんは、企画から運営、振り返りまでの全てをやり通してくれました。
私達スタッフの一員としていろいろな経験をともにできたことに感謝しています。
お世話になった関係者のみなさまに感謝しお礼申し上げます。

今回は吉備野工房ちみち会員の根本さんにご同行いただきました。
根本さんは研修生脇本千愛さんのプログラムにも参加してくださいました。

グローカル研修公聴会の感想
海外、一般企業、NPOと様々な場に学生が一定期間(4ヶ月)出向し、実務研修を行った報告会を拝聴しました。
参加された学生達は、企業等の前知識もあまりない中で素直な目で問題を見て、自分なりの解決方法を模索しながら、短い期間でPDCをまわして、次のアクションまで辿り着いていました。
おそらく、4ヶ月の研修期間、今までの人生の中で一番考えた期間だったのではないかと思います。この研修が彼等のこれからの人生に大きな影響を与えていく予感がします。社会人の先輩としても良い刺激になりました。
こういった場に参加させていただきありがとうございました。

☆長期インターンシップ概要
・名称 長期インターンシップ
・実施年次 2年次後期(初回:2015年10月)
・期間 15週間(10月~1月)週4日 総勤務日数53日
・提携企業・団体 47社・団体
目的
・社会・企業の実態に触れること
・経営学の専門知識を習得し実践すること
・学生の主体性を引き出し、主体性を持って経営学的課題に取り組むこと
・自らの考えをまとめて表現する能力を身につけること

みちくさ小道VOL.14 

2015.10.23

HP.waku.2015.10.23.new

 

岡山県には約20,000人の外国人が暮らしています。

あなたの身近にも外国人がいるかもしれません。 文化が違うから友達になれないと思っていませんか?

今回「みちくさ小道」では“おーぷんはぁーと”で言葉や心の壁を越えて、

その人の魅力が見えるにはどうしたらいいのか考えてみました。 一緒に体験することで、言葉をこえ“心と心のつながり”を作りましょう。

多くの人と交流し、「出会うって素晴らしい!!!」への

はじめの一歩!スタートです!!!

 

【イベント名】『みちくさ小道 VOL.14 多文化共生

はじめの一歩。おーぷんはぁーとわたしをみて』

【日時】平成27年11月12日(木)~平成27年12月20日(日)まで

【開催場所】吉備野周辺

【参加対象】外国に興味がある人、日本の文化を知りたい人、

外国人や日本人と友達になりたい人、

【主催】NPO法人吉備野工房ちみち

【後援】総社市、総社市教育委員会、総社商工会議所

【共催】岡山発国際貢献推進協議会

【参加費】プログラムによる (参加費は保険料、チラシ印刷代、必要経費です。)

それぞれのプログラムの金額をご確認の上お申し込みください。

 バナー   

【プログラム一覧のページ】http://www.chimichi.org/mishchikusakomiti_14_puroguramu

1020_みちくさ小道-6 - コピー

michikusa14_omote

【終了】100日間 OJT研修生募集!

2015.08.19

「「人×地域」の魅力を発信☆体験交流プログラム開発」
地域の人のもつ知恵や手間を価値に変える! NPO法人吉備野工房ちみち

みちくさ小道

【募集中】 100日間 OJT研修生募集!
【目的】地域の多くの関係者を巻き込み、地域の特色を活かしたブランド化し、
域外に売り出す取組の中核的な担い手となる人材を育成するため、
インターンシップによるOJT研修等を実施することを目的とします。

【スケジュール】
8月18日(火)09:00~    エントリーシート受付開始
9月 1日(火)~09:00    募集締切 ※時間厳守
9月 9日(水)    受入先選考結果 提出締切
9月17日(木)    第2回 オリエンテーション(必須)
9月上旬~9月中旬 選考期間

※9月~1月末 100日間OJT研修

【応募・お問合せ】
(事務局 NPO法人ETIC.のサイトへ飛びます)
https://etic.or.jp/furusatoproducer/flag/inquiry.php

【NPO法人吉備野工房ちみちの研修概要】
http://furusatoproducer.etic.or.jp/flag/project/173/

※本事業は中小企業庁の「ふるさとプロデューサー育成支援事業」の実施先である
中小企業基盤整備機構から委託を受けたNPO法人ETIC.が運営事務局として運営しています。

「まちづくりデザイナー」(大学生インターンシップ)を募集しています。

2014.10.13

吉備野工房ちみちでは「まちづくりデザイナー」(インターンシップ)を募集しています。

随時募集中です。まずはメールか電話でご連絡ください。

大学生活、このままでいいの?
自分をみつめなおす!「できたらいいな」が「できる!」に変わります。

インターンシップに参加するとこんなイイコトがあるかも

・地域の魅力を発掘!・大人と交わる。・交渉、報告書がつくれるようになる。・相手が何に困っているのか見えるようになる。・地域のおもしろい習慣、文化 を発見する。・企画力、プレゼン能力がつく。・地域の人を話してコミュニケーション力を磨く。・地域の現状を知りたい!・「働く」について考える。・
自分の仕事を任されて頼りにされる!・「あれがやりたい」がみつかる。・フットワークが軽くなる!・知らないセカイの人に出会える!

募集条件
(1)大学生であること。(長期インターンシップを目的としているため、1,2回生の学生が望ましいです。3,4回生、大学院生でも受け入れは可能です。また、英語で意思疎通がとれる留学生も受け入れます。)

(2)吉備野工房ちみちの事務所に定期的に通い、インターンシップ業務を行うことができること。

インターンシップ活動概要

1. 地域の資源を発掘!
 総社市の維新地区にある様々な文化・まち・人を探り、地域資源の掘り起こしをしていくプロジェクトです。

2.「みちくさ小道」の作成!
 発掘した地域資源で10 個ぐらいのプログラムを、学生が「みちくさ小道」として企画から運営まで行っていく予定です。

3.NPO の業務を通して企画力と運営能力を学ぶ!
 NPO には多様な業務があります。それらをおこない「仕事をすること」について学びながら自分で適正や「自分の強み」をみつけていきます。

活動日程: 第1期は10 月1 日~3 月31 日です。

週に1 回のミーティングと、各自で時間を調整し地域住民から話をききながら、企画をつくります。

活動時間については各学生ごとに相談をして可能な範囲で活動していただきます。長期で活動していただけることを目的としています。

活動場所:NPO 法人吉備野工房ちみち事務所、総社市維新地区

「みちくさ小道」って?
みちくさ小道とは、「一人一品運動」です。どんな人にも、その人だけがもつ「品」があります。「品」は「ひん」。品物ではなく、品位。その人が、その人であることの気高さです。一見、どこにでもあるものも、多くの人が知っていることでも、その人だけが通ってきた歴史や環境や場所によって、少しずつ違います。そんな、その人がもともと持っている、その人だけの「品」を掘り起こすのが、みちくさ小道という方法です。地域の人が持っている品を掘り起こして、集めて、みせる。そのシンプルな行為が、地域を「品」で動かします。地域に暮らす一人ひと
りが、じぶんの、家族の、となりや近所で暮らす人の、「品」を知れば、きっと地域は変わっていきます。

*お問い合わせ・お申し込み*
吉備野工房ちみち (担当:小林、大平)
kibinokoubou@gmail.com
080−5231−6092

ホストファミリー。

2013.03.22

IMG00777

 

別府の大学での授業が終わり、卒業までの一ヶ月間、

ちみちでインターンとして社会勉強したした米倉くん。

ホームステイでお世話になったのは、

ちみちの会員であり、「みちくさ小道」にもよく参加してくださる長尾さんのご家庭でした。

インターン期間が終わったので、工房にお招きし、

ホームステイを受け入れたご感想をうかがいました。

「私たち元教師なので、以前、交換留学で来日したオーストラリアの教員を、

ホストファミリーとしてで受け入れたことがありました。だから今回も抵抗はありませんでしたよ」

「本当の息子のようで、楽しかった。娘たちが巣立って、夫婦二人だけだった生活に活を入れてもらいました。」

「良い青年で、パソコンのことをいろいろ教えてもらったよ」

「世代の違う若者との話が面白かった」

などなど。

また

「これからもできることがあれば、させていただきますよ」

とのお言葉もいただきました。

ピースポートで世界を回り、囲碁をしている利彦さんと、短歌を詠まれる七生さん。

これからもよろしくお願いいたします!

 

インターンでの気づき~水野さん~

2013.03.12

14793_487940844606611_319665306_n

私は、吉備中央町でのプログラムを3つ企画し、達人とアテンドを経験しました。

達人としては、集客に苦労し、失敗した点もありましたが、初めてのチャレンジとしてとても勉強になりました。

アテンドでは、達人での反省を生かしプログラムが成功するように頑張りました。

星ソムリエのプログラムは、引き続き企画し実施しています。

このインターンを通じて、チャレンジする自分を支え応援してくれる人の存在に改めて気づき、仲

間の輪が広がったことが嬉しいです。

これから吉備中央町での活動に、この経験を生かして頑張っていきたいです。

***

「夏のみちくさ小道~吉備野の夜遊び~」にインターンとして4名の若者が運営に参加、

H24年6月半ばからおよそ8カ月にわたり、若者らしいアイディアと頑張りを見せてくれました。

この期間を振り返っての一言を寄せていただきました。

インターンでの気づき~井上さん~

2013.03.01

13850_487940761273286_260780681_n

ちみちでのインターンに参加し、地域をつくるのは「人の想い」が一番の要であることと、

「何もない」と言われそうな場や地域でも、掘り起こし方次第でいろんな資源が発掘でき、

活用できることを改めて実感しました。

私自身、今まで総社という街、地域には全く興味、関心がありませんでしたが、

今回のインターンを通じて、より総社について知りたい、関わってみたいと思えるようになりました。

今後ともよろしくお願い致します。

***

「夏のみちくさ小道~吉備野の夜遊び~」にインターンとして4名の若者が運営に参加、

H24年6月半ばからおよそ8カ月にわたり、若者らしいアイディアと頑張りを見せてくれました。

この期間を振り返っての一言を寄せていただきました。

インターンでの気づき~牧さん~

2013.02.28

牧

 

~牧 尚吾さんの気づき~

8ヶ月のインターンで「まずはチャレンジ!やればできる!」ということを学びました。

私は「みちくさ小道の達人」「Webサイトの制作」にチャレンジしました。

取り組み始めた時はとても不安で最後までやり遂げられないかもしれないと思っていましたが、

周りの方々のサポートのおかげで最後までやり遂げることができました。

自分のやりたいことにチャレンジさせてもらえる環境と

いつもチャレンジを後押ししてくださるスタッフの方々にとても感謝しています。

***

「夏のみちくさ小道~吉備野の夜遊び~」にインターンとして4名の若者が運営に参加、

H24年6月半ばからおよそ8カ月にわたり、若者らしいアイディアと頑張りを見せてくれました。

この期間を振り返っての一言を寄せていただきました。

インターンでの気づき~菅原さん~

2013.02.28

菅原

~菅原龍一さんの気づき~

ちみちでのインターンを通じて、改めて自分のことを理解することができました。

例えば、冷静に物事の本質をつかむことは得意だけれど、

計画性をたてて物事をすすめていくことが苦手なことなど。

そして、いま自分が本当にやりたいこと。

できること。

それは吉備野(特に阿曽地区)での新規就農の新しいモデルをつくることです。

これはちみちと連携しながら、すすめていきたいと考えています。

***

「夏のみちくさ小道~吉備野の夜遊び~」にインターンとして4名の若者が運営に参加、

H24年6月半ばからおよそ8カ月にわたり、若者らしいアイディアと頑張りを見せてくれました。

この期間を振り返っての一言を寄せていただきました。

サプライズがいっぱい~インターン生修了式~

2013.02.22

今日、「夏のみちくさ小道」に参加したインターン生たちの修了式行いました。昨年の6月から今日まで実に8カ月にわたる長丁場を、「みちくさ小道」プログラムの企画から実施、振り返り、報告会、ブランディングにまで関わった男子3名女子1名、そして「みちくさ小道」運営そのものに関わった女子1名。
みな真摯で能力もあり、それぞれの思いを持ちながらのインターン。いろいろな人と関わる中で、さまざまな気づきがあったと話してくれました。

859184_487706387963390_197082550_o.jpg

自分でもやればできるんだ。一つの課題をクリアした若者たちの顔は輝いていました。

この終了式の中ではたくさんのサプライズがありました。
一つ、運営インターンの通称「コゼニール」とスタッフから、企画インターン4名へ修了証として色紙進呈。これには、コゼニールが描いた似顔絵イラストと、スタッフからの一言が記されています。イラストはインターンそれぞれにそっくりで、大好評でした。
二つ、スタッフからコゼニールへカード。これにもスタッフから彼女に贈る言葉が記されています。
三つ、インターン5名から、ちみちへパキラの鉢植え。その中にはインターンのミニ写真が差し込まれ、まるで工房にインターン小人さんがいるようです。

それぞれの人々の中で極秘裏(?)に進められたこれらのサプライズ。贈る方も贈られる方も感激いっぱい、嬉しさいっぱいでした。

これからもちみちと何らかの形で関わってくれるそうな。インターンを卒業してスタッフに進級かな?
今までありがとう。そして、これからもよろしくね!

詳細写真、インターン生の声は後日またUPしますね。
取り急ぎご報告まで。大月記。

アーカイブ

新着コメント

2015.01.26

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

平田さん ご連絡いただき、ありがとうございます! 当... by ちみち管理者

2015.01.23

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

1月30日のはじめまして交流会に参加したいと 思い連絡させ... by 平田 優樹

2014.05.13

総社市は大人気!

向こうの坂さん コメントありがとうございます。 ... by ちみち管理者