カテゴリ:こどもたちと

5月18日JICA研修2日目

2017.05.19

JICA研修中南米編2日目
地方開発のためのコミュニティーベースド・アントレプレナーシップ研修😊😊😊😊

グアテマラ・コスタリカ・ドミニカ共和国・エルアルバドル・ホンジュラス・メキシコ・ニカラグア・パナマ
8カ国13名の行政官が日本の地域開発を学びに来られました。

岡山県久米郡美咲町を訪問させていただきました。
美咲町に有る道の駅を訪問、日本のお豆腐作り、湯葉やお豆腐を食べていただきました。

午後からは大垪和の棚田散策です。
いいお天気にも恵まれて
楽しく散策をさせていただきました。

途中ぐわいが悪くなった方が
おられたのですが、美咲町職員の川島さんの神対応💓
タクシー、お医者様の手配を
テキパキをしてくださったお陰で
異国の地でも安心して
病院にかかれたと歓んでくださいました。
本当に素晴らしい対応をありがとうございました。

夜は美咲町にある
廣瀬さんが経営されている『みさきのたね』で
美咲町の岡部副町長と久しぶりに
対話の場を持たせていただきました。

『幸せ』のキーワードで硬い絆で美咲町とつながることができました。

みなさんと創る新しいまちのかたち
楽しみです✨✨✨✨✨

子供お仕事体験レポ

2015.08.17

みちくさ小道 子どもお仕事体験

お盆休みも終わり、これから
みちくさ小道 子どもお仕事体験も後半が始まります。

これまで、どんな体験があったかちょっとだけご紹介。
それぞれの体験で、学びや素敵な大人との出会いがあったようです。

お仕事体験を通してこちらもたくさんの気づきを得られました。
それは、子どもたちはちゃんと「生きる力」を持ってるということ。

子どもたちはみんなで話をすることができます。
子どもたちは自分たちで決めたルールはきちんと守れます。
子どもたちは話をきちんと聴くことができます。

こちらが心配していた以上に、子どもたちはちゃんと出来るんです。
大人の勝手な思い込みを押し付けないこと!
それが子どもの輝く力を奪わないことだと思いました。

お仕事体験後半戦はどんなドラマがあるのか、
子ども以上に楽しみなちみちスタッフなのでした。

まだまだやってます!お仕事体験
ぜひ夏休みの思い出に参加してみてくださいね

◆みちくさ小道  子どもお仕事体験のWebサイト
http://www.chimichi.org/michikusa_kodomo
子供おしごと

ことちゃんのままごと屋プレオープン

2015.07.09

ちみち卒業生ことちゃんの「ままごと屋」のプレオープンを見に行ってきました☆

ことちゃんとの想い出
ことちゃんはムードメーカー的なほんわかしたお姉さん。
食や子ども達のことをほんとうに愛してて、手間ひまかけて一緒に過ごす時間も大切にされている方です。

2年前、ちみちで一緒にお仕事をしていた時、将来やってみたいお店があるんだ、と夢を語りながらも、
「この事業は、他の人では無くてワタシでなくてはいけなかったんだ!!」
と、お仕事に真摯に向き合い、何かを乗り越えようとされている姿が印象的でした。

当時、ことちゃんにとっては12年ぶりの仕事復帰のタイミングだったそうです。
定時になるとアラームがなり、即、お母さんに切り替わる。
自分にしか出来ない時間を大切に、バランスよくされていたように感じました。

そんな、ことちゃんのお店がプレオープン☆
ご友人との共同経営との事です。

ことちゃんを囲んで、記念撮影♪

IMG_4885

 

「ままごと屋」

◆9月にオープン予定◆

「ひとと地球にやさしいくらし」をテーマにていねいな物づくりを応援する店デス。

お取扱い商品
*素材にこだわった身体に優しいごはん
*ていねいに作られたハンドメイド商品
*余計なものを含まない昔製法の調味料
などなど

【場所】福渡駅の近く
【営業日】火水木
【営業時間】10時~15時(LO)

IMG_4886
美しく落ち着いた染物が心地よく出迎えてくれました。

IMG_4877
手作りの作品。2階では、地域の方達が縫い物をされていました。

IMG_4876

IMG_4880
わらびもちやクッキー、麻柄ワンピースや布ナプキン

IMG_4878

IMG_4881

IMG_4875

大岡愛より
ことちゃん、ありがと☆

レポート「 暮らし方の練習会:宇治町森田さんと山菜を楽しむ会」

2014.05.15

高梁市宇治町の森田公枝さんに山菜採りと食べ方を習いに行って来ました。
今回は総社の「あそびのきち おひさま」の子供たちと『森のようちえん』となりました!
前の日の雨の湿り気で勢いづいた山菜と晴れ渡る空と澄んだ空気が気持ちよい、おいしい一日でした。

子供たちとおひさまスタッフ総勢6名の参加で、
まずは、周囲の山々が一望に見渡せる「たかうね桜の森公園」へ。

さて、山菜を採りましょうかというところで、子供のリズムでいきなりおやつタイム。
なんと、森田さんが私たちが到着する前にささっと作ってくれたという「おやき」が!
これが驚きのおいしさ。
茄子の味噌和えが入ったガワがもちもち。
食いしん坊さんはおかわりも。
これ、ぜひ次回作り方教えて下さい!ということで、
次回は「森田さんとおやき作り」をする予定です。

そして、小休止したところで、怒濤の山菜の時間がやってきました。
わらびを採り、山蕗を摘み、コシアブラの木を教えてもらい、
コゴミを見せてもらい、しゃしっぽをかじりながら、柏餅の葉っぱであるサンキライ(さるとりいばらの葉)とカシワの葉を摘み、
桜餅用の桜の葉を摘み、山椒の葉の香りを楽しみ、
なんと三つ葉も発見。。。
森田さん、追いつきません。
何て種類豊富なんですかー。
子供たちも崖をもろともせずよじ上り下りして夢中で採ります。

「もっと三つ葉があるところがあるんよ。」
と既に汗まみれの子供たちと一緒に、沢が見える涼しい山道へ移動。
あったあった、三つ葉が自生しているスポット。
とっても良い香り。
既にナイロン袋はパンパン。

「お腹すいたー!」という子供の声で、
森田さんが切り盛りする「かんばら茶屋」にて、
採って来た山菜をすぐさま天ぷらにしてもらいます。
うどんと一緒にいただく間に、
出てくる「山のお惣菜」たち。
みょうがの新芽の森田さん特製甘味噌添え
わらびのおひたし
しゃしっぽのきんぴら
どれもとてもおいしくて、
何て贅沢な!というプログラムでした。

森田さんのおもてなしの気持ち、
その知恵と料理のおいしさ、探究心に魅せられた一日でした。
子供たちも山の中でいっぱい遊んで帰りました。
「暮らし方の練習会+森のようちえん」
これ、すごくいいプログラムになる予感が!

また次回の開催に乞うご期待ください!!

P1000839_fw

P1000844_fw

P1000849_fw

P1000850_fw

P1000851_fw

P1000854_fw

P1000857_fw

P1000860_fw

P1000862_fw

P1000864_fw

P1000866_fw

P1000843_fw

維新地域で育つ子どもの未来を話す茶話会

2013.12.03

起業支援型地域雇用創造事業でのアンケートづくり&調査に引き続き、総社市維新学区の取り組みは続きます。。。!

12月1日、『維新地域で育つ子どもの未来を話す茶話会』を開催しました。
正に老若男女、中学生から70代まで、地域を想う方達が22名、いろんな考えを共有しました。
中学生「そばまつりの告知チラシを作りたい」
若いママ「近所の空家をなんとかしたい。移住したい人を知っている」
中堅ママ「こうやって人が集まって話をする場が必要。交流サロンを開きたい」
校長先生や長老「維新の良さを口コミや紙で内外にアピールしたい」
中堅男性、移住者ご夫妻「おひさま(昭和のこどもと大人の拠り所:代表田中さん)」みたいな場所を維新にもつくりたい」「行政と一緒にやっていければ」

第2回でもう少し具体的に、それぞれ明日の一歩が「楽しく」踏み出せるように一緒に考えるお手伝いをしていければと思っています。

1479107_490090687771033_445769981_n

布ナプキンワークショップ 親子で開催!

2013.04.06

総社市美袋の「あそびのきち おひさま」にて、
布ナプキンワークショップを、
達人「からだ喜ぶ会」の井辻さんと新谷さんが子連れで開催してくれました。

「布ナプキンってどうやって使うの・・・?」というそもそもの話から、
そんなに身構えずに、余裕のある時からだけでもいいから、
始めると、体調が良くなったり、匂いが気にならなくなったり、
トイレで排出するという自然なサイクルや、
満月に生理が来るようになる、など、
本来の子宮の力が蘇るという話まで。

また、「からだ喜ぶ会」のかわいい布選びに、ワイワイ言いながら、
楽しいひとときでした。

参加してくれたこどもたちだけでなく、
今回は様子見のこどもたちも、
「布ナプキン」というオルタナティブを知ってくれたこと、
それが大きかったなと感じました。

「あそびのきち おひさま」ブログでも紹介!

IMG_0569
IMG_0575
IMG_0580
IMG_0579
IMG_0578
img_330992_11152192_3

古墳奮闘 おひさま新入生歓迎会にて

2013.04.04

4日、気持ちのよい春の日差しの中、総勢37名、内こどもたちが27名で、
かまどねこさんの「古墳奮闘」を体験してきました!
のーんびり歩いて、古墳に大興奮して、次々吸い込まれて行くこどもたち。
がけには登る登る。
こうもりにはびびるびびる。
大人はかまどねこさんの人柄とトークに魅せられ、
こどもたちの住む地域である「昭和地区」の古墳にもぜひ案内して下さい!
と早くも次回への期待が高まりました。
かまどねこさんも、昭和地区にたくさん知り合いが出来て、
古墳調査、史跡調査に拍車がかかるかも?!

のんびりすぎていつものコースは回れなかったのですが、
その辺りは臨機応変に対応してくれて、
みな笑顔でした!
かまどねこさん、こどもたちによい体験をありがとうございました!!

「あそびのきち おひさま」ブログでも紹介されていました!

IMG_0592

IMG_0609

IMG_0610

IMG_0613

IMG_0617

IMG_0618

IMG_0622

IMG_0624

角材と輪ゴムで作る家とまち!美袋にて

2013.04.03

美袋づいている小林が、
またまた「あそびのきち おひさま」に機会を与えてもらい、
美袋のかわいいこどもたちと一緒に「角材と輪ゴムで作る家とまち!」ワークショップを開催してきました。

今回はnestという建築を勉強した若者たちが地域と関わるために立ち上げたクリエイティブグループから、
ひろさんが参加してくれました。

今回の試みとして、「大人のチーム」と「子供チーム」に分けてみました。
大人はこどもを助けるだけじゃなくて、大人だけの造形が楽しめるハズ。

案の定、「うん。(私の末っ子)の面倒みるよ。」
と言いつつ、全く作業に没頭してしまう楽しい姿が見られました。
その中でお弁当。
天気も良く、桜がほんのり咲いた下、自分で作った家の中で、
「こんなにゆっくりお昼ご飯食べたの久しぶり。」
彼女たちの家は「オープンカフェ『花見やぐら』」

また、女子は女子で、アネックスを作ると言いつつ、結局移動させたり、
シートをかぶせたり、路上生活者風。
そこへお弁当を食べる台というのを作りました。
そこに一列に横並びでお弁当。家具が家で家が家具です。

圧巻なのは男子の「がちゃがちゃハウス」
バスケットゴールからボールが落ちた後のしくみが「がちゃがちゃ」。
そんな家。すごすぎ。
ここでは毎回刺激的です。
IMG_0463

IMG_0478

IMG_0507

IMG_0510

IMG_0531

IMG_0515

IMG_0514

IMG_0533

IMG_0540

IMG_0551

IMG_0557

IMG_0564

Facebookページ

アーカイブ

新着コメント

2015.01.26

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

平田さん ご連絡いただき、ありがとうございます! 当... by ちみち管理者

2015.01.23

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

1月30日のはじめまして交流会に参加したいと 思い連絡させ... by 平田 優樹

2014.05.13

総社市は大人気!

向こうの坂さん コメントありがとうございます。 ... by ちみち管理者