carico道場終了

こんばんは。

暑かった9月から生授業4回、実践課題5回のブランディングセミナー「かりこ道場」、昨日最終回でした。

受講生6名という少人数での開催でしたが、それだけ濃厚な関係が受講者同士にも生まれました。
お互いのいいところを認め合い、仕事や活動に興味を持ち、お互いがこれからも協力し合って、高め合える関係になったのではないかと思います。

講師の「かりこさん」こと刈谷さんは、自他共に認める「左右両脳使える明るい変人」「素直で負けん気が強い努力家」「喜怒哀楽が激しく、律義で情にもろい」(以上、かりこさんの名刺より)
優しさの中にも「何回も同じことを言わせない!!」(当たり前のことです)「からだを動かさないと頭も固まるよ」「考えない!!」などなど、かりこ語録ができそうです。

広告・企画業界で経験を積んできた方・・・というと、どんな物でも「売れればいい」で、「人をだましてでも儲けるのを助ける人」かのように思われるかもしれません。(私は当初、そう思って疑いの眼差しでした)でも、かりこさんの受講生さんのゴールは「儲ける」ではなく、「相手の幸せのため」の仕事や活動なのです。「地球的視野で企業発展に努め、企業発展を通じて人間成長に奉仕し、人間成長を通じて社会に貢献します」という思いそのままで活動されています。(ブレないのは、当たり前なのですが)

助産師学校の恩師が授業で「私たちの活動は単なるお産の介助ではない。人間の種の保存を助けることは、人の健全な成長を助けることであり、それは地球規模での世界平和に繋がる。」というような一文を話されたのを覚えています。この言葉を聞いたときが、私の中に「助産師の使命」が落ちた瞬間でした。

かりこさんの純粋なブレない想いを知った時、分野は全く違ういますが、同じ目標に向かっている同志のように勝手に思ってしまいました。
狭い医療関係者の中でしか仕事をしたことのない私にとって、衝撃的な思いと出会いだったことには間違いありません。

受講者でなければ分からないですが、ブランディングで行うODEN作成は、自分自身や事業の棚卸であり、これからの羅針盤です。
できあがると、みなさんすっきりとした笑顔で、「ああっ、これでいいんだ」「ああ、この方向で進めばいい」と、自信に満ちてきます。自分の活動が人々の助けになる、と思えることは人間にとって幸せな事であり、自尊感情を高めることにもなるのでしょう。見ている私も力をもらい、嬉しくなります。

多くの人に、特に悩んでいる人にODENを創ってほしいと思います。自分の羅針盤ができますから。。。
2012-12-08 17.26.41.jpg

久しぶりの、塩津でした。

コメントを残す

Facebookページ

アーカイブ

新着コメント

2015.01.26

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

平田さん ご連絡いただき、ありがとうございます! 当... by ちみち管理者

2015.01.23

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

1月30日のはじめまして交流会に参加したいと 思い連絡させ... by 平田 優樹

2014.05.13

総社市は大人気!

向こうの坂さん コメントありがとうございます。 ... by ちみち管理者