10月7~9日 みちくさリノベイトRenewal 残席2名受付中

女性限定でご案内してきた「みちくさリノベイト」

男性の方も参加を受け付けます。場所も価格も変えて実施します。

ご縁を感じて「今だ!」という方、ご参加ください。

現在、特別価格にてご案内中です。ピントきたかたはすぐにお申込みください。

****************************

・なぜ今、変えた?

「みちくさリノベイト」の実施を決めてから、この2か月、たくさんの方々にお時間を頂戴し、

直面している困りごとは何なのか、インタビューやヒアリングを続けてきました。

 

人と人との関係性の難しさ、事業課題への難攻

売上アップしたい、販売ルートが確立できない、思いが形にならない、声に出せない

伝わらない

課題難題に今できる精一杯で取り組んでいる日々。

今、自分と向き合うなんて、時間もお金も使って、何が解決するんですか

この大事な時期に。。。。

たくさんご意見いただきました。

 

一方で、

自分はどうありたいのか、人生百年時代、これからどんな生業でどんな生き方をしたいのか

考えたいし、考えてもいる。興味はある。

そして、

幸せに生きたいともちろん意図している。

でも、それをじっくり考えたり見つめたりするのは一方で「怖い」

現実とかけ離れてしまいそうで、戻れなくなりそうで、「怖い」

そんなご意見もたくさんいただきました。

 

重責を担い、職場でリーダーシップをとる方々にこそ、そうしたご意見をたくさんお聞きしました。

 

自分はどうありたいのか、人になんと言われようと変わりたくない自分は?

今の自分に安心してフォーカスして、弱さも不安もひっくるめて安心して語れる場や仲間がいない

皆、孤独のなかで孤軍奮戦している。

男性も来て頂きたい。場所ももっとも対話が深まる場所を探し続けていました。

そして踏み切りました。

 

****************************************

・話は変わり、みちくさすること、内側をみつめることの価値

 

ちみちはWITとの協働で 東北復興支援「人と組織とつながるプロジェクト」を進めています。

そのWIT代表の山本みおさんが

貧困層やマイノリティーの若者へのリーダー育成事業である「One World Now」の創設者

Kristin Hayden(クリスティン・ハイデン)氏にインタビューされ、記事にされておられる中で

 

「他者との関係性を良くするには、まず自分との関係性を良くすることからだよ」と、

社会起業家としての経験から、ウェルビーイングやインナーワークの大切さを語ってくれました。

と書かれています。

 

チェンジメーカーとして

外の世界での変化を起こすこと アウターワーク に対して

自らの内側 インナーワーク を取り扱うことの重要性

ウェルビーイングプロジェクトは、そういう意味で革新的。

「もし、私たちが自らの内側の世界にもっと意識を向けることがで

きたら、

外側の世界へのインパクトがより大きくなるんじゃないか」

という仮説を持って活動していること。

リーダーは、自分自身をケアすることに投資しなければならない、

それが、チームをケアすることにつながり、組織文化に影響を与えること

リトリートプログラムのインパクトなどについて記事にまとめられています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

わたしたちが行うのは、リトリート+リノベイト

自分に出て会う、ひとと出て会う自他との深い対話を通して

幸せのスイッチを押すプログラムです。

 

対話の価値

前野先生のお言葉をお借りするならば

「ひとりひとりの無意識のなかには才能や可能性が眠っていて、対話によってそれをリフレクティブに取り出せば、伸ばすことができる」 

「無意識と対話する方法」 前野隆司×保井俊之著 ワニブックス2017

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちみちのフィロソフィは「一人一品」です。

「どんな人にも、その人だけがもつ『品』がある」

その人だけがもともと持っている「品」を掘り起こし続けてきました。

 

これからは、さらにその人がもつ最高の品、最高価値観を今活かしきることを

もっと応援する。ひとりひとりがよく生きる社会にするために。

 

最高価値感に生きるとは、つまり、その人がもっている愛が惜しみなく出ている形。

そんな幸せなひとりひとりがつながっていくのが新たなまちのかたち。

 

このフィロソフィで実践するのがWell Being みちくさリノベイトです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・「今ですね」

今年度も、後期に入ります。年末まであと3か月となるこの10月の連休の時間の使い方。

収穫の秋、実りの秋、これまで自分が実らせたものに気づいて下さい。

周りに分け与えられるものたくさんお持ちです。

吉備に来て、それを思い出し、今に活かす自分のためのリノベーション.

ちょうど連休です。お越しください。

—————————————————————————————————————————————-

  • みちを拓く 「吉備 みちくさ リノベイト」

 

2017年10月7日(土)~10月9日(月) 定員:今回は6名(最少催行人員3名)

研修宿泊会場:最上稲荷奥の院 龍王山一乗寺 岡山県岡山市北区長野495

7日12時現地集合 9日16時現地解散

内 容:

3日間、対話プログラムを中心に実施します。

 

参加費:  88,800円(税別)→ 10月5日17時締切 現在モニター参加で特別価格でご案内中です。

ご参加希望の方は、お問い合わせください。

3日間プログラム代金・食事6回(朝食2回・昼食2回・夕食2回)・宿泊費・保険含む

2泊3日 2名がファシリテートします。

 

NPO法人吉備野工房ちみちの実績

□10年間日本を含め、アジア・アフリカ・中南米49か国 述べ2万人以上の人材育成を行う

ひとり一品活動~「みちくさ小道」~

掘り起した一人一品プログラム 605プログラム

地域リーダー・コーディネーター 115人

自分が主役となった「達人」583人

みちくさ小道参加者 10200人

みちくさ小道ノウハウ移転 9か所

(例:タイ国スリン県実施4年目800プログラム・宮城県石巻市「石巻に恋しちゃった」7年目)

□ 研究論文

・「主観的幸福の4因子モデルに基づく人と地域の活性化分析 ―

NPO法人「吉備野工房ちみち」のみちくさ小道を事例に―」

・「インプット・アウトプット・アウトカム評価(IOO評価):都市における共助・協創のための

縁づくり・場づくり支援NPO活動の業績評価手法の提案及び有効性検証」

□主な受賞歴

平成22年 岡山県「夢づくり推進大賞」受賞

国土交通省中国地方整備局「夢街道ルネサンス」認定

平成23年 内閣府「女性のチャレンジ賞特別部門賞」受賞

平成24年 地域再生大賞優秀賞受賞 他受賞歴多数

 

ファシリテーターPROFILE

加藤 せい子

NPO法人吉備野工房ちみち 理事長

千道株式会社 代表取締役

内閣府 地域活性化伝道師

総務省 地域力アドバイザー

一般社団法人認定 産業カウンセラー

バリューファクターファシリテーター

パッションテストファシリテーター

 

梅岡 有紀

NPO法人吉備野工房ちみち 理事

八雲琴に学ぶ日本のこころ きび竹童会 代表

看取り士

胎内内観講師

一般社団法人日本アタッチメント育児協会認定

育児セラピストトレーナー

NOBODY’S Perfect ファシリテーター

岡山大学大学院社会文化科学研究科(経済) 非常勤研究員

お申込    お問合わせ

yuki.u@chimichi.org

 要 綱:

定員:  6名

主催:  NPO法人吉備野工房ちみち http://www.chimichi.org/ 

tel fax 0866-93-2946

備   考:  詳しい交通手段や服装、持ち物についてはお申し込みいただいた方にご案内いたします。

 

※研修宿泊会場となる奥の院からの眺め

 

※玄関にかかっていました。

 

日本三大稲荷で有名な最上稲荷の奥の院 龍王山の山頂にある一乗寺様が会場となります。

巨石がごろごろした山頂にたつ奥の院。豊かな自然、奥深い歴史に包まれてそこにいくだけで

すでに心が洗われます。奥の院一乗寺様は、檀家様を持たれない祈祷寺とお伺いしました。

邪念を払い、気持ちが和らいだりされることをお手伝いしてくださるお寺様です。

宗教宗派に関係なく、リノベイトに賛同し、受け入れてくださいました。

ピンときた方

お越しをお待ちしております。

コメントを残す

Facebookページ

アーカイブ

新着コメント

2015.01.26

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

平田さん ご連絡いただき、ありがとうございます! 当... by ちみち管理者

2015.01.23

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

1月30日のはじめまして交流会に参加したいと 思い連絡させ... by 平田 優樹

2014.05.13

総社市は大人気!

向こうの坂さん コメントありがとうございます。 ... by ちみち管理者