9月から「みちくさリノベイト ~テロス・天命を生きている自分に会う旅~」二泊三日女性限定プログラム始めます。

人的資源と地域資源をつなぎあわせるまちづくり10年目に突入したNPO法人吉備野工房ちみち。

あらたな取り組みを始めます。

 

みちくさ小道ハイエンドプログラム 女性限定

 

「 みちくさリノベイト ~テロス・天命を生きている自分に会う旅~」

幸せな自分を生きる復活、再生の3日間」

 

その第一報として、その経緯と概要についてご案内します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちみちといえば、「みちくさ小道」。

「どんな人にも、その人だけがもつ『品』がある」

その人だけがもともと持っている「品」を掘り起こし、

自分が主役、すべての人に居場所と出番を与える「みちくさ小道」という名の

一人一品運動を展開してきました。

 

誰もが、もともと達人。

対話を通じて、その人がどんな達人かを見つけ出していく。

————————————————————————————-

これまでに

みちくさ小道で掘り起した一人一品プログラム 605プログラム

地域リーダー・コーディネーター 115人

自分が主役となった「達人」583人

みちくさ小道参加者 10200人

みちくさ小道ノウハウ移転 9か所

(例:タイ国スリン県実施4年目800プログラム・宮城県石巻市7年目)

————————————————————————————-

数多くの市民起業家や活動家を輩出してきました。

 

この活動は、高く評価され、2009年から発展途上国における地方開発の実践を学ぶ

JICA研修にも取り入れられ、

「コミュニティ・ベースド・アントレプレナーシップ」視察体験型プログラムとして、

これまでも48カ国500人を超える各国行政官の方々をお迎えしてきました。

 

 

また、この展開は、

国内の幸福学研究の第一人者 慶應義塾大学大学院 前野隆司教授(ヒュ-マンラボ)により

「『みちくさ小道』は、幸福度をバランスよく高める活動であり、

幸せに暮らすための地域づくり、つまり、WellBeingを実践している活動ではないか」と

高く評価頂きました。

 

参考: 

2030年の働くを考えるオピニオン 前野隆司教授   ちみちの活動コメントあり。

「主観的幸福の4因子モデルに基づく人と地域の活性化分析―NPO法人「吉備野工房ちみち」のみちくさ小道を事例に―」前野マドカ,加藤せい子,保井利之,前野隆司,地域活性研究,Vol. 5,2014年3月

 


こうした経緯から、今年4月、満を持して、

「WellBeingLAb.」という組織を立上げ、

「みちくさ小道」を更に拡大強化した次世代モデル

幸福増幅の更なる基盤づくりを検討しています。

————————————————————————————-

・「WellBeing」

ひとりひとりが主役になっていくことが加速度的に求められている時代

 

2017年、「働き方」に関するこれまでの常識が通用しない時代がきたことは

だれもが痛感、変化を感じているのではないでしょうか。

 

将来も今のしごとが続けていけるのだろうか。

自分が発揮している価値は何だろうか、

それは他でも通用するのだろうか。

自分はこのままでいいのだろうか。

 

不安や恐れより、誰もが幸せに生きることを望んでいるはず。

 

今ないスタンダードを生きているような気もするのであれば、

自分がスタンダードとなればいい。

新たな価値は、自分で生み出せばいい。

自分が新たなロールモデルとなればいい。

 

 

「WellBeing」幸せな自分を生きることを決めるための逸品プログラムはじめます。

その名は「みちくさリノベイト」。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

人生いちどきり。

最高な自分を生きている、それはどんな自分でしょうか。

 

日常の忙しさから離れて自分に向き合うには、少しの勇気と決断もいります。

 

が、

それが、自分らしい人生へと自分を導くためのみちくさだとしたら。

 

古くからある比べくせ、思い込み、恐れ、不安

もう必要のない幻想かもしれません。

 

古い自分らしさが、今を生きること、いきいきとした未来を描くことを

邪魔してるようなら、ここらで決別。

 

 

一旦日常から離れて

自分のからだとこころに意識を向けてみる。

立ち止まり、振返りながら、休み、眺める感覚で自分と対話していく。

仕事も役割もバックグラウンドも全く違う人と出会い、幸せに生きることを語らい、交流する。

 

 

みちくさしてみえてくるものは

自分がもっていた純粋さや、独自の感性や大切にしていた価値観。

 

自分にとっての優先順位を見直し、幸せに生きると決めた自分の日常に戻っていく

自分を蘇らせるみちくさ。

 

みちくさリノベイト

自分の生きざまの本質を可視化していくことで、より強い確信をもって天命を生きていくために。

 

 

そして、わたしたちは決めました。

女性限定プログラムとすることにしました。

 

・さらなる向上心で、生きる方向性を見つけたい方へ。

・自分の価値をはっきり見出したい方へ。

・本当にやりたいことは何かを見出したい方へ。

・より自分らしく、自由に生きたい方へ。

・リーダーまたは、リーダー的存在で、自らの生き方、周りと幸せにいきていくことに意識の高い方へ

・人生の節目を感じている方へ。

・目標をもった生き方をしたいと考えている方へ。

・第二の自分らしい人生を作ることに興味がある方へ

 

年齢、もう遅いかも、とか、ノープロブレム。

 

○○○○○○○○○○○○○○○○

元始、女性は太陽であった。

真正の人であった。

 

今、女性は月である。

他に依って生き、他の光によって輝く。

病人のような蒼白い顔の月である。

私共は隠されてしまった我が太陽をいまや取戻さねばならぬ

 

『青鞜』創刊号

「山の動く日きたる」と書いた平塚雷鳥

○○○○○○○○○○○○○○○○

 

女性の力が活きる時代。

さらに、グレイスフルな生き方を願う女子限定にしたい。

 

それは、平塚雷鳥が問いかけたように

 

天から与えられた才能は男女の性別を超えたものとわかっていながら

まだそこを解放しておらず、その天才性を発揮したいと思いながら

しきれていないなら。。。

 

真の自立、自由を生きることを求めていながら、

守りに入っているとしたら。。。

 

一度きりの人生を生きてください。

 

—————————————————————————————————————————————-

「 みちくさリノベイト ~テロス・天命を生きている自分に会う旅~」

幸せな自分を生きる 復活、再生の3日間

—————————————————————————————————————————————-

生まれてた時から、人は テロス、その人の成功の道を生きている。

無意識でやっている それが日々の生活に現れている。

無意識でやっていることが、意識できれば、そのテロスはより発揮され、自分らしく生きられる

人は自分自身で気づき成長する。

 

自分らしい人生へと自分を導く みちくさ

自分を蘇らせる みちくさ しにきませんか。

—————————————————————————————————————————————-

仕事や家庭生活等の日常生活から一旦離れて

自分のからだとこころに意識を向けてみる。

 

立ち止まり、振返りながら、休み、眺める感覚で自分と対話していく。

 

仕事も役割もバックグラウンドも全く違う人と出会い、幸せに生きることを語らい、交流する。

 

自分がもっていた純粋さや、独自の感性や大切にしていた価値観。

自分にとっての優先順位を見直す。

 

2泊3日の宿泊滞在型のみちくさです。

 

9月 8名様の女性

10月 10名様の女性

 

ご興味をお持ちのかた、おしごと、ご家庭の調整をしてぜひお越しください。

一期一会の出会い、心よりお待ちいたしております。

 

—————————————————————————————————————————————-

  • 9月 棚田の美しい  「美咲 みちくさ リノベイト」

日本の棚田百選 大垪和西(おおはがにし)の棚田を歩いてはじめるリノベイトプログラムです。

岡山県久米郡美咲町で“黄福探し”、山間の古民家「みさきのたね」に滞在し、水のせせらぎ、虫の鳴き声に

耳を傾けながら、夜になれば真っ暗で星が輝く空を眺めて、みちくさ、リノベイトする3日間を過ごします。

2017年9月7日(木)~9月9日(土) 定員:8名(最少催行人員3名)

 

—————————————————————————————————————————————-

  • 10月 美がひらく 「倉敷 みちくさ リノベイト」

歴史文化の中に今の暮らしが溶け合うレトロモダンなセンスある街並み「倉敷美観地区」。

大原美術館でゆっくり絵に向き合うことがからリノベイトプログラムをスタートします。

研修宿泊会場となるのは、ハイセンスなゲストハウス「くらしき伝」。

マネージャーの長木愛さんは、ちみちで地域コーディネーターとして「みちくさ小道」運営に携わった

みちくさのプロでもありました。

「外国人が集うゲストハウスをやりたい」との一念を叶え現職を得た達人でもあります。

そんな空間でリノベイトする3日間を過ごします。

 

2017年10月7日(金)~10月9日(日) 定員:10名(最少催行人員3名)

 

—————————————————————————————————————————————-

ご興味をお持ちの方、ご一報ください。

詳細プログラムや料金についてご案内いたします。

9月、10月開催限定で初回割引特典をご用意しています。

 

主催  Well Being Lab.吉備の小槌プロジェクト(NPO法人吉備野工房ちみち  株式会社千道)

==NPO法人吉備野工房ちみち主な受賞歴==

平成22年 岡山県「夢づくり推進大賞」受賞

国土交通省中国地方整備局「夢街道ルネサンス」認定

平成23年 内閣府「女性のチャレンジ賞特別部門賞」受賞

平成24年 地域再生大賞優秀賞受賞 他受賞歴多数

ファシリテーター

NPO法人吉備野工房ちみち理事長 加藤せい子

同理事  梅岡有紀

 

お問合せ 梅岡まで。mailto:yuki.u@chimichi.org

 

コメントを残す

Facebookページ

アーカイブ

新着コメント

2015.01.26

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

平田さん ご連絡いただき、ありがとうございます! 当... by ちみち管理者

2015.01.23

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

1月30日のはじめまして交流会に参加したいと 思い連絡させ... by 平田 優樹

2014.05.13

総社市は大人気!

向こうの坂さん コメントありがとうございます。 ... by ちみち管理者