レポート 吉備野いひつたえ台所7月「なら茶飯」

「なら茶飯」を、総社水内の「愛プロジェクト」にて、多くのおばあちゃんたちと一緒に作ってきました。

あそびのきちおひさまからのこどもたちも参加して、わいわい作業しました。
まずは、大豆を炒って、大きな枡と箕(みの)を使って、の底でゴリゴリ押し付けながら皮をむきます。

P1010635_fw

P1010660_fw

P1010662_fw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが結構難しい。案外力と根気が必要。
でも昔はこうやって皮をむいて、箕を振って実と分けていたんだそうです。
実を分けるために箕を振るそのやり方も、見ていると簡単そうだけど、
実際やってみると、すごく難しい。長年の暮らしに寄り添った(生きるための)知恵と経験のすごさを感じます。

 

P1010649_fw

P1010651_fw

P1010653_fw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その間に、今回は「きゅうりの佃煮」も教わりました。
その準備も着々と。
 

P1010680_fw

P1010672_fw

P1010685_fw

P1010688_fw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこどもたちは、炒った豆に群がるぴよぴよヒヨコになっています。
 
P1010667_fw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮をむいだ豆はお米と合わせて、外で薪で蒸します。

 

P1010692_fw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火かげんを見ながら、話に花が咲きます。
途中で酒と水を注します。ここでもピヨコのこどもたち。

 

P1010699_fw

P1010703_fw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
みんなでおにぎりにして、きゅうりの佃煮と一緒にいただきました。
 

P1010704_fw

P1010706_fw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
豆の風味がするおにぎりはとても滋味あふれていて、きゅうりのパリパリの佃煮や、持って来て下さった梅干しや金柑の甘露煮などと一緒に、今回も贅沢な食卓になりました。

きっと、こうやって身体を使って生活していると、いろいろな動作は知識でなく、感覚となって人に蓄積していき、それは現代にとても足りなくて、そして必要なことなのでしょう。そんなことを感じた、今回も豊かな企画となりました。

次は8月「茄子の辛子漬け」です。

コメントを残す

Facebookページ

アーカイブ

新着コメント

2015.01.26

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

平田さん ご連絡いただき、ありがとうございます! 当... by ちみち管理者

2015.01.23

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

1月30日のはじめまして交流会に参加したいと 思い連絡させ... by 平田 優樹

2014.05.13

総社市は大人気!

向こうの坂さん コメントありがとうございます。 ... by ちみち管理者