レポート 吉備野いひつたえ台所6月「梅仕事」

梅干し、漬けて来ました!
参加は倉敷と足守からの3名の参加。

今日は紫蘇を抜くところから。
紫蘇を抜いて、葉だけを摘んで行きます。
葉は裏側を見ながら。
「ハットウジ」の金色の卵があったり、虫食いは除いて。
それを山水を引いた水道でじゃぶじゃぶ3回洗います。

P1010325

P1010326

P1010330

P1010334

P1010337

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで今回の梅も紫蘇も山水も、実はあやこさんの友達の秀さんちのものでした!
秀さんは昔、井戸輪(井戸の輪のこと。。。)をかついで400mm上から山水を引いて来たそうです。
そのおかげで、豊富に水を使った梅仕事ができるのです。
山の恵みと若き頃の秀さんの後世を考えた行動に、ただ感謝です。

 

P1010348

 

 

 

 

 

 

 

左の男性が秀さんです。

 

 

 

紫蘇は2回塩で揉みます。
1回目はにごった紫色。これは灰汁。
捨てて2回目。これは透き通ったとってもきれいな紫色の汁がでてきます。
よいしょよいしょ。

 

P1010344

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤くなる手と赤くならない手があるそうで、しぼった汁をつけた手を、梅酢にちょんとつけると、たちまち赤くなる人とそうでもない人とありました。なんだか試されているみたいでドキドキしますが、
私は赤い手の人でした。

 

P1010351

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして全部絞ったらちょっと休憩。
秀さんの倉庫だと思ったところをがらっと開けると、
なんとダイニングキッチンが!
近所の横山さんと山口さんも来て下さり、皆で家族みたいにして珈琲をいただきました。

 

P1010355

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後あやこさんちに戻ったら、きれいに色づいた梅が!!
うわー嬉しい!
さっそく紫蘇、梅、紫蘇の順番でびんに詰めます。
詰めたらその上からたっぷり梅酢を注ぎ込みます。

 

P1010363

P1010368

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成!!

 

P1010374

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喜びに浸っていると、あやこさんからお昼ができたよ〜。の声。
ええ〜!!とびっくりしていると、
栗入りのお赤飯と手作りピーナツ豆腐と肉じゃが、
そして10年ものの奈良漬けが。

 

P1010378

P1010380

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで「おいしいね。」と言い合っていただきました。

すごく幸せでした〜!

 

P1010385
お土産までいただいて。。。
またしても何倍返ししていただきました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あやこさんには11月のこんにゃくづくりでまた登場いただきます。

ご期待くださいね。

 

 

コメントを残す

Facebookページ

アーカイブ

新着コメント

2015.01.26

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

平田さん ご連絡いただき、ありがとうございます! 当... by ちみち管理者

2015.01.23

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

1月30日のはじめまして交流会に参加したいと 思い連絡させ... by 平田 優樹

2014.05.13

総社市は大人気!

向こうの坂さん コメントありがとうございます。 ... by ちみち管理者