クロスカルチャー KAGURA フェスティバル2020 開催予告

2020/2/15(土) 17:00-19:00予定
倉敷芸文館アイシアターにて、「備中神楽 × 民族音楽 」の、「クロスカルチャー KAGURA フェスティバル」を開催致します。
神楽の雰囲気を高め、またこれからを感じられるような素晴らしい企画、そして当日の演奏となるように、これからみんなで魂 重ねていきます♩

スマホ動画講座② 多数のご参加ありがとうございました。

<岡山県備中県民局提案型協働事業> 

備中神楽で楽しむ広がる役に立つ開かれた地域と交流型観光資源開発事業

スマホ動画講座第2回(26分15秒)動画撮影と編集アプリについて説明。

スマホ動画講座第2回(36分04秒)著作権、動画撮影と構成について、YouTubeへのアップ。

日時:2019年9月7日(土)13:00-17:00

場所:岡山県立大学デザイン学部棟

嘉数彰彦先生による第2回スマホ動画講座を実施。「残暑」「秋のおとずれ」のお題をいただき、岡山県立大学キャンパスや周辺を約30分間で取材。参加者全員がそれぞれスマホで撮った映像を約1分間の動画に編集し、YouTubeにアップしました。iPhoneの方はアプリはiMovieで編集。Androidの方はアプリAdobe Premiere Clipを使って編集。まあこんなに簡単に動画ができるなんてみんなビックリ。各々自慢の映像が出来て大満足です。第3回講座は、これから始まる神楽の練習や実演風景を撮影する機会に予定しています。改めてご案内しますので、よろしくお願いいたします。

「残暑・秋近し」秋政孝一制作
「稲穂たなびく」今野友紀制作

【お問いあわせ】
かんなぎ〜神楽の里プロジェクト〜
Tel : 080-1241-8193(コンノ)
Mail : kannagi.soja@gmail.com

郷土芸能備中神楽 “神楽衣装お針子衆” 初顔合わせ

本日は 神楽衣装 のために一緒にお針子さんをしてくださる方々、そして皆と楽しく活動してくださる和裁の達人 由利子さん(先生と呼ばれるのは嫌いらしい^^)との初顔合わせでした。集まってくださった方は、6名^^ それぞれが多様多彩な方々で、由利子さんが能力&魅力を引き出してくださるのが本当に楽しみです。
本当にありがとうございます!
和気藹々と、役割分担して、皆で一緒に感動を分かち合いたいです。
2019年度 福武教育文化活動助成事業です。感謝致します。

2019年8月4日 神楽の里プロジェクト~神楽衣装お針子衆
「猿田彦」という神の神楽衣装・袴の型紙スケッチ

【募集概要】 土地に息づいてきた伝統芸能は、多くの関係者、地域の人々に支えられてきたものでした。国指定重要無形民俗文化財である岡山備中神楽も、舞い手の動きを美しくする衣装は多くの神楽太夫や職人芸によって支えられてきました。備中神楽は口伝や手ぶりで教わるように、衣装もまた、はっきりとした型はありません。次世代に現在の神楽衣装のカタチや意味合いを引き継いでもらうためにも、今の神楽衣装を記録し、衣装を一緒に手伝ってくださる“神楽衣装お針子衆”を募集。
和装歴30年以上、和の道一筋の近藤由利子さんご指導のもと、数名で開催。(初年度は若干名募集)

地域の伝統や文化を一緒に繋いでいく意義ある活動。

将来ご自身が手掛けた衣装を着る舞い手と喜びや絆をわかちあう活動。 和装歴30年以上、和の道一筋の近藤由利子さんご指導のもと、数名で開催。(初年度は若干名募集)

お問い合わせ・申込先

備中神楽 総社社中

担当:今野 友紀

電話:080-1241-8193

E-mail:aquascorpio.yuki@gmail.com

スマホ映像講座①(2019年7月27日実施)

多数のご参加ありがとうございました。次回開催期日は未定ですが決まり次第改めてご案内いたします。

スマホ動画撮影&アプリ編集講座第1回(岡山県立大学デザイン学部教室にて)
岡山県立大学デザイン学部学部長・嘉数彰彦教授
2019年7月27日動画撮影&アプリ編集講座第1回前編(48分29秒)
2019年7月27日動画撮影&アプリ編集講座第1回後編(49分54秒)

吉備文化を楽しむ会&備中神楽のいろは3

2019年7月23日(火)岡山国際ホテルにて実施

神楽解説と女性舞手による 「導きの舞」・「姫舞」

姫舞:素戔嗚尊(糸島 勝さん)と 櫛稲田姫(今野友紀さん)

【日時】令和元年7月23日(火) 18:30 ~ 21:00

【場所】岡山国際ホテル

 〒703-8274 岡山市中区門田本町4-1-16

【料金】4,000円(税込)お食事付 【定員】20名まで

吉備文化を楽しむ会&備中神楽のいろはのコラボイベントを開催。

井原市で長年ご自身も神楽師として舞われ、100人以上のお弟子さんの指導にあたり、活躍の場を与えつづけておられる鳥越孝太郎氏をお迎えし神楽講演をしていただきます。 神楽はなかなか観る機会はあっても、直接舞手と触れ合い、語り合う機会は希少です 。 また、鳥越氏は女性の舞手育成にも取り組んでおられ、この度は女性の舞手2名が舞わせていただきます。そこには本来性別を超えた真っさらな心・美が宿っているように感じてなりません。ぜひ、この貴重な機会に一緒に食し「神人和楽」とあそびましょう。

「吉備文化を楽しむ会」は毎月1回、多方面でご活躍される講師の方々をお招きして皆で会食と講演などを楽しみ自身の地域の歴史や文化を学ぶ気楽な会です。

※お電話、メールで必ず事前予約をお願い致します。その際にお名前、参加人数、ご連絡先をお知らせ下さい。お支払い方法など、追って連絡させて頂きます。

※こちらのイベントはクラウドファンディングのリターンの対象外です。

お申込み・お問合せ  

かんなぎ~神楽の里プロジェクト~

〒719-1124 岡山県総社市三須796

備中神楽のいろは2

2019年7月21日(日)大原本邸にて実施

「吉備津の能」から岡山を紐解く at 大原本邸ブックカフェ

西宮猪鼻山八幡神社宮司  次重寛禧(じじゅうひろよし)氏
会場: 語らい座大原本邸 ブックカフェ

【日時】令和元年7月21日(日)

    13:30 ~ 15:30

【場所】OHARA HOUSE KATALYZER 
    語らい座大原本邸 ブックカフェ
    〒710-0046 倉敷市中央1-2-1

【料金】2,500円(税込)  【定員】40名まで

「ももたろう伝説のモデルとなった吉備津彦命と、温羅の話を描いた備中神楽独自の演目“吉備津の能”にフォーカスしたプログラム」で、著書“有木物語”を昨年出版された次重寛禧氏の講演+備中神楽“吉備津の能”DVD鑑賞の二部構成で開催致します。
なぜ、温羅が吉備三ヶ国の系図を持っていたのか!? そんな歴史背景を面白く語っていただき、神楽演目上に残された真実を学びます。文化でこそ私たちは繋がれる。自身が住む地域に誇りをもち、喜びを持って生活できるキッカケに“温故知新と刷新”フルきをたずねイマを刷新(アップデート)しませんか?

◎「有木物語」著者プロフィール

次重 寛禧(じじゅう ひろよし)

昭和10年7月11日、広島県神石郡神石高町有木に生まれる。昭和33年広島大学教育学部卒業。広島県三原東高等学校英語教諭、広島大学教育学部付属中・高等学校英語教諭、和歌山大学教育学部教授(英語教育)、兵庫県教育大学大学院教授(英語教育)、福山大学人間科学部教授(英語教育)などを歴任、英語教育に50年を捧げる(和歌山大学名誉教授)。昭和55年西宮猪鼻山八幡神社禰宜、平成3年同神社宮司に就任、現在に至る。神石高原町文化財保護委員。平成28年5月、瑞宝中綬章叙勲受章。著書論文多数。

※こちらのイベントはクラウドファンディングのリターンの対象になります。

お申込み・お問合せ  

かんなぎ~神楽の里プロジェクト~

〒719-1124 岡山県総社市三須796