レポート「 暮らし方の練習会:宇治町森田さんと山菜を楽しむ会」

高梁市宇治町の森田公枝さんに山菜採りと食べ方を習いに行って来ました。
今回は総社の「あそびのきち おひさま」の子供たちと『森のようちえん』となりました!
前の日の雨の湿り気で勢いづいた山菜と晴れ渡る空と澄んだ空気が気持ちよい、おいしい一日でした。

子供たちとおひさまスタッフ総勢6名の参加で、
まずは、周囲の山々が一望に見渡せる「たかうね桜の森公園」へ。

さて、山菜を採りましょうかというところで、子供のリズムでいきなりおやつタイム。
なんと、森田さんが私たちが到着する前にささっと作ってくれたという「おやき」が!
これが驚きのおいしさ。
茄子の味噌和えが入ったガワがもちもち。
食いしん坊さんはおかわりも。
これ、ぜひ次回作り方教えて下さい!ということで、
次回は「森田さんとおやき作り」をする予定です。

そして、小休止したところで、怒濤の山菜の時間がやってきました。
わらびを採り、山蕗を摘み、コシアブラの木を教えてもらい、
コゴミを見せてもらい、しゃしっぽをかじりながら、柏餅の葉っぱであるサンキライ(さるとりいばらの葉)とカシワの葉を摘み、
桜餅用の桜の葉を摘み、山椒の葉の香りを楽しみ、
なんと三つ葉も発見。。。
森田さん、追いつきません。
何て種類豊富なんですかー。
子供たちも崖をもろともせずよじ上り下りして夢中で採ります。

「もっと三つ葉があるところがあるんよ。」
と既に汗まみれの子供たちと一緒に、沢が見える涼しい山道へ移動。
あったあった、三つ葉が自生しているスポット。
とっても良い香り。
既にナイロン袋はパンパン。

「お腹すいたー!」という子供の声で、
森田さんが切り盛りする「かんばら茶屋」にて、
採って来た山菜をすぐさま天ぷらにしてもらいます。
うどんと一緒にいただく間に、
出てくる「山のお惣菜」たち。
みょうがの新芽の森田さん特製甘味噌添え
わらびのおひたし
しゃしっぽのきんぴら
どれもとてもおいしくて、
何て贅沢な!というプログラムでした。

森田さんのおもてなしの気持ち、
その知恵と料理のおいしさ、探究心に魅せられた一日でした。
子供たちも山の中でいっぱい遊んで帰りました。
「暮らし方の練習会+森のようちえん」
これ、すごくいいプログラムになる予感が!

また次回の開催に乞うご期待ください!!

P1000839_fw

P1000844_fw

P1000849_fw

P1000850_fw

P1000851_fw

P1000854_fw

P1000857_fw

P1000860_fw

P1000862_fw

P1000864_fw

P1000866_fw

P1000843_fw

コメントを残す

Facebookページ

アーカイブ

新着コメント

2015.01.26

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

平田さん ご連絡いただき、ありがとうございます! 当... by ちみち管理者

2015.01.23

1.30 ちみちん家 ☆はじめまして交流会

1月30日のはじめまして交流会に参加したいと 思い連絡させ... by 平田 優樹

2014.05.13

総社市は大人気!

向こうの坂さん コメントありがとうございます。 ... by ちみち管理者